$X = \mbox{“at”}$,$Y = \mbox{“to”}$に対して,$c_{i,j}$の漸化式を$c_{2,2}$を出発点として,手作業で再帰的に適用することにより$c_{2,2}$の値を求めよ.このとき,$c_{2,2}$を求める途中経過を省略することなく,すべてレポートに記すこと(課題説明スライドを参考にせよ).

レポートには、必ず以上の3項目を記述すること.

さらに,この手順の問題点を面接で説明せよ.